横浜赤レンガ 興奮のフィナーレ! [レポート]

「Bellows Lovers Night vol.12」ラスト公演
横浜赤レンガ倉庫は、ベローズラヴァーズな
お客様で賑わいました。

今回、初の試みであるテーマ「ソロ演奏」に皆々
緊張の面持ちの楽屋裏ではありましたが
それぞれの持ち味をジャバラに入魂!

IMG_0466a.jpg

素晴らしいステージを繰り広げました!

出演者(熊坂・檜山).jpg

出演者(原田・田ノ岡).jpg


そしてスペシャルゲスト、数学者・秋山仁先生
アコーディオンのベースボタンを
数学的見地から解析する特別講義を開講!
またサプライズゲスト、由美かおるさんと共に
アコーディオン演奏も披露してくださいました。

秋山(IMG_1244).JPG

ステージのラストを飾るは
蛇腹アーティストたちがステージ上に勢揃いする
恒例の蛇腹大セッション!
今年の目玉、キダ・タロー先生の新曲
「ジャバラヤ バンザイ」は横浜でも大盛況!

IMG_1425.JPG

ラストの「吠えろベローズ!」では
出演者全員の一大アドリブ回しが炸裂し、
客席オールスタンディングでお祭り騒ぎのラストを迎えました。

名古屋、神戸、横浜と続いたBellows Lovers Night vol.12へ
ご来場いただきましたみなさま、蛇腹フェスへのご参加、
誠にありがとうございました。

そしてこのブログをご覧いただいているみなさまにも
心より感謝申し上げます。
2013-04-24 00:43 この記事だけ表示   |  コメント 2

日本初!楽器修理法セミナー「Accordion First Aid」     開催!! [レポート]

今回初めての試みとして、アコーディオン修理法セミナー
「Accordion First Aid」が、ベロラヴァ横浜公演の前日に
横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホワイエにて開催されました。

自分のアコーディオンを自分で簡単に修理できる!
という画期的なこのセミナー企画。
平日であるにもかかわらず、この機会に是非!と
全国各地から集まった40名を超える参加者たちが持参した
15台のアコーディオンで、会場はまるでアコーディオン展示場と
見まごうばかりの壮観さです。
講師は、この日のためにイタリアから来日してくださった
アコーディオン作りのプロフェッショナル、VICTORIA社の
社長リカルド・ブレッチャ氏。
「皆さまこんにちは。本日のファーストエイドセミナーでは、
一般アコーディオンユーザーである皆さまが、どこまでの
楽器修理をやっても良く、且つどこからはやってはいけない
ことなのかについて、皆さまに明確に知っていただきます。」
リカルド氏の語るイタリア語を、cobaの流れるような同時通訳で
日本語に訳しながら、セミナーは始まりました。

P1000181.JPG

リカルド氏は、さまざまな症状を抱えた参加者持参の
アコーディオンを手に取り、分解する必要のないものは、
その解決法を解説しながらその場で実践して見せます。
すると、今まで出なかった音が、彼の一瞬のオペレーションで
スッと鳴り出したではありませんか!
魔法のようなその修理の技に、思わずオーッと歓声が上がります。
また別の楽器は「こういう症状の場合は楽器をオープンする
必要があります」と言うなり、実際にその場で楽器を分解して
いきます。
そしてその不具合の原因や修理法をわかりやすく解説しながらの
修理実演。
また「鍵盤が浮いてしまった、ベースが引っ込んだまま戻らない」
というような症状への対処法や、自分で修理する時の注意点などの
丁寧な説明もありました。
参加者のみなさまからは
「とても参考になった!」
「修理のコツが掴めた」
「自分で出来る修理もあるんだ!」
「まさにこんなセミナーを待っていた」
と感激のコメントを多数頂戴しました。

IMG_1062.JPG

最後に設けた質問コーナーでは、参加者のみなさまが、
普段からアコーディオンについて疑問に思われていた多くの
質疑にお答えし、2時間に及んだセミナーは終了しました。

IMG_1111.JPG

この日のセミナーには、各地よりアコーディオン修理の
プロフェッショナルたちが、協力参加してくださいました。
〈ご協力くださった方々〉
千葉県浦安市 / TOKYOベイアコ 原田のりあき様
東京都荒川区 / (株)トンボ楽器製作所 染野真様
東京都渋谷区 / 寺堀春菜様
愛知県名古屋市 / monte accordion 中山邦雄様
大阪府大阪市 / neneroro accordion repair service 岡田路子様

参加者のみなさまは、セミナー後にアコーディオン修理の
専門家たちとの交流をはかっていただきました。
今回、こうして日本初のアコーディオン修理法セミナー
「Accordion First Aid」を大盛況のうちに開催させて
いただけたことは、日本のアコーディオンシーンにとって
画期的なことだと自負しております。
私達は、主催者として日本のアコーディオンシーンが新たな
時代を迎えようとしていることに大きな喜びを感じます。
ご協力いただきました皆さまに心よりの感謝を申し上げます。
2013-04-23 23:50 この記事だけ表示   |  コメント 5

名古屋・神戸 大盛況!! [レポート]

名古屋と神戸公演が大盛況のうちに幕を閉じました。

今回のベロラヴァのテーマである "ソロ演奏" 。
多彩な蛇腹アーティストたちの
オリジナリティ溢れる演奏に、
蛇腹楽器は、そのアーティストが持つキャラを
こんなにも引き出す楽器なんだと実感できる、
魅力いっぱいのステージでした。

名古屋公演では全員のソロ・ステージの後
CBCの看板アナウンサー小堀勝啓さんより
公演のご感想や激励のご挨拶をいただきました。

IMG_0496.JPG

そして、遂に世界初演された
キダ・タロー先生の新曲♪「ジャバラヤ バンザイ」
会場全体に手拍子が鳴り響き、
それはもうたいへんな盛り上がりをみせました!

神戸公演では、特別ゲストとしてご出演いただいた
キダ先生ご本人の目の前、超至近距離での演奏に、
cobaはじめ出演アーティストたちの緊張は
相当なものだったはず。

IMG_0913.JPG

IMG_0996.JPG

名古屋、神戸へご来場いただきました皆さま、
誠にありがとうございました。


今週土曜日は「Bellows Lovers Night vol.12」の
ラストを飾る横浜公演の開催です。
顔ぶれもがらっとかわり
横浜ならではのラインナップでお届けします。
キダ先生の新曲「ジャバラヤバンザイ」名曲です!
お聞き逃し無く!
そして、シークレットゲストの参加もあるとか…
さぁ!一緒に "蛇腹楽器の祭典" を楽しみましょう♪

【横浜公演】2013年4月20日(土)
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館ホール(3F)
open 16:00 / start 17:00
指定席チケット残りわずか!
立ち見もございます!
[info]キョードー東京 tel.0570-550-799
2013-04-15 21:37 この記事だけ表示   |  コメント 0

神戸 レポート続き2 [レポート]

皆さんこんにちは!
スタッフXです。

先日お伝えしました、KIRINさんHPプレゼント、
本日が締め切り日ですよ!
ゲットしたい方はお早めにどうぞ。

さて、3日連続更新です。(パチパチ)

そういえば、フィギュアスケートの高橋大輔選手、
先日新しいショートプログラムを披露されたそうで…
その曲がなんと、cobaさんの「eye」だったそうで…
うれしいNEWSでしたね。
蛇腹音楽がますます広まるように頑張らなくては!
と励みになりました。
それにしても高橋選手、かっこいいですね!(照)


さて、神戸の続きです。

キダ先生の登場に、場内は大興奮。
cobaさんとキダ先生のスペシャルトーク。
cobaさん、若干?押され気味でしたね。
こんなcobaさん2度と拝めないのでは???くらい。

キダ先生とアコーディオンについて、
cobaさんとキダ先生の出会い…
書ききれないくらいのボリューム(時間も)でした。。。
cobaさんの一挙手一投足にキダ先生がつっこみ、
おなかがよじれる程、笑わせてもらいました。

そして、最後の蛇腹大セッションは、
キダ先生に敬意を表して、
キダ先生の楽曲「かに道楽」を。
しかもcobaさんのスペシャルアレンジで。

キダ先生もその場で聴いてくださり、
「いいもん聴かしてもらったわ」と会場をあとにされました。

最後は、恒例の「吠えろベローズ」で終幕。。。

お疲れさまでした!!
会場での打ち上げは、KIRINさんから差し入れでいただいた
ラガービールで乾杯!!
あっという間の3公演は無事に終了です。
もう感無量です。

ご来場くださった皆様、本当に本当にありがとうございました。

色々あったものの、何十年先になっても、
今回のイベントは鮮明に私の中に残っていると思います。
ご来場くださった皆様の笑顔、
関係者のみなさまからの多大なるご協力、
出演者の方々のとびっきりのパフォーマンス、
心より感謝申し上げます。

書いていてまた涙があふれそうになってしまいました。
(スタッフX目線な内容で申し訳ありません。)

次回もイベントとして、
更なる成長を遂げるべく、日々精進していきます。

2022年まで、どうぞおつきあいください!!!

ではまたこのブログで!

2008-07-04 19:36 この記事だけ表示   |  コメント 1

神戸 レポート続き… [レポート]

みなさん、こんにちは!
スタッフXです。

珍しく、つづけての更新です。

今日も暑いですね。
つい1ヶ月前ほど、ところてんダイエットを始めました。
案の定、すぐに挫折してしまい、今や元通りです(泣)。
いきごんで、次にはじめたのは骨盤ダイエット。
無理に食事制限をすると辛いですからね…
成果があらわれるように毎日続けますよ!
優しく見守ってください。

さて、神戸の続き。

長坂さんに続いての登場は、
名古屋でも出演してくださった、
新井さん率いるRingin' Bells Rond club。

そして、神出さん。
ピアノとのデュオで。
演奏が始まると、会場は幻想的な空間に一変。
ただただ演奏に聴き入ってしまいました。

KICX1623.JPG

そして、ザッハトルテさん。
登場から勢いよく会場を沸かしてくれました。
元気になれるステージ。必見ですよ!
KICX1648.JPG

そして、神戸でもスペシャルセッション。
cobaさん、かとうかなこさん、都丸さん、新井さん。
曲は「パリの空の下」。
KICX1736.JPG


お次はかとうかなこさん。
いつお会いしても素敵な方です。うらやましい。。。
トリオ編成あり、ソロあり、と
素晴らしい演奏をきかせてくれました。

そして、cobaさん。ソロで。
ここでもまた、圧巻の一言です。

そしてそして、特別ゲスト!!!
キダ・タローさんの登場です。

キダ先生が入られる際に、
入り口までお迎えにあがった私。
朝から緊張のしっぱなしで足がもつれ、
段差でころびそうになるのを
くいとめたら腰がぐきっ!!!
ここでも慌て者ぶりを発揮。とほほ。。

なんとかお席までご案内。
実はキダ先生。出番より早く入ってくださり、
イベントの様子を見てくださっていました。

気になるcobaさんとのトークは…。

続く…。

2008-07-03 14:23 この記事だけ表示   |  コメント 0

神戸 レポート!! [レポート]

みなさん、こんにちは。
スタッフXです。
今日は暑いですね!びっくりですね!

最近オフィスに新しいパソコンが入りました。
最新型って素晴らしい!と思わずにはいられません。
仕事にも一層力が入ります(入るといいなぁ....)。

このブログも、まめに書くぞ!と意気込みが増しました。
がしかし、現在はイベントが終わった直後ですから、
イベントについてというよりは、
アコーディオン関係のライブの紹介などをし、
来年のイベントのためにも、蛇腹音楽を広めていきたいと思っています。
半分は私の戯言になると思いますので、とばしていただいてもかまいません。
気を取り直して、おつきあいいただければありがたいです♪

さて、ずいぶんお待たせした神戸のレポートです。
---------
名古屋から移動して向かったのは新神戸。

神戸の会場、「クラブ月世界」も1年振り。
キャバレーの雰囲気がそのまま残されている会場です。

この日も朝から緊張です。緊張というよりは、焦りの方が大きかったかな。
車で入る出演者の方への誘導、新神戸までのお迎え…と
あっという間に時間がすぎました。
開場〜開演までも、受付を必死にこなしている様子は
はたから見ていると。。。。というかんじだったと思います。


当日の出演順はこちら↓

【1】長坂憲道
【2】Ringin' Bells Rondo club
【3】神出高志
【4】ザッハトルテ
【5】かとう・都丸・新井・coba セッション
【6】かとうかなこ
【7】coba
【8】キダ・タロー×cobaトーク

アンコール:蛇腹大セッション


そうそう、
神戸での開催の魅力の1つは、出演者陣の登場の仕方です。

横浜、名古屋はいわゆる舞台袖からの登場ですが、
神戸は客席中央から出演者が登場します。

客席もステージもきらびやかな雰囲気で
出演者がさっそうと出てくる様子は、
期待感が何倍にもふくらむかんじがしました。

さぁ、トップバッターは長坂さん。ソロで。
コブクロのモノマネ!?で、会場をあたためてくれました。

そして…

続きはまた今度。。。。




2008-06-30 15:06 この記事だけ表示   |  コメント 0

名古屋編 Part.2 [レポート]

こんにちは、スッタフXです。
ここ数日の気候は寒くなったり、
暖かくなったりと落ち着きがないですね。
まるで私のようです………(笑)

私は季節の変わり目に、必ず頭痛がおきます。
頭痛薬が手放せません…。ということで、
皆さん、気候の変動にはくれぐれもご注意下さいね。

さて、時間がたってしまいましたが、名古屋の続きです。

今回も本番中は、
受付→会場→楽屋→受付→会場…と行ったり来たりで
合間合間でしかステージを見ることが出来ませんでした。

そんなことでは、内容について企画出来ないのでは?!!と
皆さんからご指摘をいただいてしまいそうですが、
ちゃんと終わった後に記録映像を見て確認しています。
あえてスタッフX目線でレポートすることをお許し下さい。
そういった視点でのレポートをお楽しみ頂けたら嬉しいです。

さて、本編へ戻ります。

Vol.7名古屋の構成はコチラ↓

【1】grande piccola
【2】マモルモリシタとみわ子さん
【3】新井武人
【4】Duo Bramido
【5】中部アコーディオンクラブ全員セッション
【6】ボサコルデオン
【7】ザッハトルテ
【8】coba
【9】蛇腹大セッション



今回も中部アコーディオンクラブさん、
盛り上げて下さいました!

KICX1295.JPG

中部アコーディオンクラブ全員セッションは、
なんと11台に及ぶセッション。

KICX1319.JPG

初出演のボサコルデオンさんは、
ボサノバをアコーディオン、ギター&ボーカルで演奏。
会場をリラックスムードにしてくれました。

新井さん(Ringin’ Bells Rondo Club)
KICX1288.JPG


2回目の登場となるザッハトルテさん。
今回も盛り上げて下さいました!

cobaさん。ソロで。
KICX1434.JPG


ここでも急遽、
ザッハトルテ・都丸さん、ボサコルデオン・田中さん、cobaさん
によるトリオを結成。

KICX1497.JPG

演奏曲は「Bittersweet samba」。
聴き覚えのあるメロディをアコーディオンのみで聴くのは
また一味違い、全員のアドリブもヒートアップしてました。

そして、蛇腹大セッションで、ステージ上に並んだ人数は
なんと…史上最多!

KICX1562.JPG

このセッションは何回見ても
すごい迫力だなと、改めて感じましたね。

そして、名古屋でもまた1つサプライズが。
私も知らなくて、当日驚いてしまったのですが。
cobaさんが4月に誕生日を迎えるということで、
出演者の皆さんからバースデーケーキのプレゼント♪

KICX1570.JPG

お客さんも一緒にお祝いして下さり、
温かい空気が会場を包みました。

そして終演。
名古屋でも鳴り止まない拍手がずっと会場に鳴り響いていました。
またしても目から汗がでてしまいました(笑)

当日、かけこみで何十人ものお客様が列をなし
ご来場下さったのも、大変嬉しかったです。

名古屋での無事に終えられた喜びと
翌日の神戸への意気込みを胸に、
●時すぎまで名古屋での夜を過ごしました………。

次回は神戸!!お楽しみに♪


2008-05-15 13:38 この記事だけ表示   |  コメント 1

名古屋編 Part 1. [レポート]

みなさん、こんばんは!
日増しに暑さが強くなっていますが、
夏に向けて今から夏バテにはご注意を!
夏は何もしなくてもダイエットが出来る
素晴らしい季節ですよね。
その前に梅雨をこさなくては…。
すっかり連休ボケのスタッフ"X"です。
本日もおつきあいいただければ嬉しいです。

今日は名古屋のレポートです。

1年振りの名古屋・ボトムライン。
名古屋では2回目の開催。
ベローズ熱が全国中に広まっている喜びをかみしめ、
すがすがしい気分でホームへと降り立ちました。
とは言いながら、朝にめっぽう弱いスタッフX。
<東京>→<名古屋>は書類の確認をしていたら、
あっという間…。(もう少し眠りたい…不謹慎な…。)

荷物が多かったため、会場へ行くのにタクシーに乗りました。

乗車中の出来事〜〜

スッタフX「今池のボトムラインまで
      お願いします(地図を指さしながら)。」
タクシー運転手さん「えっ!病院!?」
PAスッタフさん「ライブハウスです…」
タクシー運転手さん「…………(地図をひたすら見続ける)。」
タクシー発車………………………………。

“かつぜつが悪くてすみません。”と思いながら、
ふっとオフィスでの出来事がよみがえりました。

とある日、外出先から戻ったときのこと〜〜

スッタフ"L"「Xさん、名古屋の本村医院(もとむらいいん)の
       ○ ○さんから電話があって、折り返しお願いね。」
スッタフ"X"「うんんんん???本村医院って、
       聞き覚えがないんですけど…。
       うぅーーーん。
       あっ!○○さん!?
       ボトムラインさんですよ!
       というか、電話連絡帳に本村医院ってご丁寧にメモまで(笑)」


と大爆笑した思い出。車内で笑いをこらえるのに必死でした。
とはいえ、Lさんの聞き間違いを笑っておきながら、
自分も同じようなことになるなんて…。(情けない…)

はっと我にかえり、行き先が分かったのかどうか
運転手さんに聞けるタイミングを掴めない。不安。。。
信号待ちですかさず尋ねると、分かっていらっしゃるご様子。
こんな出だしで大丈夫かなぁ…と
思いながら会場へ入りました。

ライブ当日はどうしても“ゲン”を担いでしまいます。
「茶柱がたった!今日はいいことがあるかも!?」と
いうようなことに、今日ライブの成功を願ってしまうわけなのです。

そんなくだらない思いとはうらはらに、
会場に入るとそこはもう別空間。
期待感が高まります。
さっきの「もやもや」はぬぐい払い、準備開始です。

今回の名古屋、神戸は「地元色が満載。
名古屋は、中部アコーディオンクラブさん、
初出場のボサコルデオンさんと、名古屋ならではの面々。

順調にリハーサルも進み、
時間にも余裕が出てきて、つかの間の安心。
開場時間が近くなるにつれ、緊張と焦りがともない、
強ばった顔になっていくスッタフX。
さぁ、いよいよスタートです……!!

<続く>
2008-05-07 20:10 この記事だけ表示   |  コメント 0

<続>横浜編〜〜〜 [レポート]

みなさん、こんばんは♪ スタッフ”X”です。
昨日は皆さん何をして過ごしましたか?
私は「グルメ」な1日を過ごしました。
ランチは「佐世保バーガー」。ディナーは「イタリアン」。
どれもおいしかったのですが、ラム!とってもおいしかったです!
アラカルトで沢山のオーダーをしてもらったため、
コースで食べるより沢山食べてしまいました・・・。(反省)
自分のことを長く書きすぎました、こっちを反省します。。。

気を取り直して、横浜の続きです!
:
[当日はこのように赤レンガ倉庫の前に…]

客席の明かりがすーっと落ち、静かになると、
ステージがライトアップされ、客席から拍手が!
定刻の18:00きっかりに本編スタートです!

IMG_0182.JPG

実際のところ、スタッフ”X”はライブを
ちょこちょことしか覗けず、
聞こえてくる音楽やお客さんの歓声に耳を傾け、
盛り上がっている様子を密かに喜んでいました。

Vol.7横浜の構成はコチラ↓
<1部>
【1.】田ノ岡三郎
【2.】マルカート
【3.】佐藤芳明(Pot heads)
【4.】アコる・デ・ノンノン
【5.】クレイジー清水
    --休憩--
<2部>
【6.】ポカスカジャン
【7.】檜山学(Orso bruno)
【8.】プラネタリウム
【9.】coba

【10.】蛇腹大セッション



IMG_0037_1.JPG
[アコる・デ・ノンノンさん]



IMG_0061_2.JPG

クレイジー清水さんで1部終了のはずだったのですが、
急遽、佐藤芳明さん・檜山学さん・cobaさんがトリオを結成!

この“サプライズ”に客席は湧く、湧く、ワクワク!!
この3人のソロ回し、凄すぎでした…!
トリオ結成がサプライズではなく、
それぞれのアドリブ、指の動きがまさにサプライズ!
驚きです!

まだ一部の余韻が残る中、休憩を挟んで
2部最初のパフォーマンスは、ポカスカジャンさん。

IMG_0073_2.JPG

大爆笑の会場の様子はその場にいなくても聞こえてくるくらいでした!

IMG_0106_2.JPG
[檜山学さん(Orso bruno)]

IMG_0122_2.JPG
[プラネタリウムさん]

そしてまたまたサプライズ!
このイベントの常連、やるせなす・中村さん。
今回は残念ながら不参加……。
ということで、映像コメントを寄せてくれたのです!
参加できなかった理由は「ご実家から荷物が届く…」んだとか(笑)
来年の参加に乞う期待♪

最後、ベローズ恒例となっている、“蛇腹大セッション”は
見逃さないように!と私も客席に急いで走りました。

IMG_0178.JPG

IMG_0041_1.JPG

いつ見ても圧巻のステージ、スゴイ迫力でした…!
曲はもちろん「吠えろベローズ」。
客席もスタンディングで手拍子で参加して下さってました。

IMG_0097_1.JPG

いつもながらこの光景に感動してしまいます。

そんな中、ふと客観的になると、
こんなにアコーディオンを弾く演奏家が
並んでステージにたつイベントってないなぁ…!と。
しかも、本編では出演者それぞれが
全く違う個性溢れる音楽、パフォーマンスを聴かせてくれるのです。
奥が深い!蛇腹楽器……!

IMG_0140.JPG

と思いながら、最後の大歓声、鳴り止まない拍手を後に
持ち場に戻りました。

ご来場下さった皆さま、出演者、スタッフの皆さま、
本当にありがとうございました。

「あっという間に時間が過ぎてしまった!」
「もっとそれぞれの出演者のステージを見たい!」という
嬉しいご感想も頂いています。

ありがとうございます!!

次回は、名古屋!!

それではまた♪
<つづく…>


2008-04-30 21:37 この記事だけ表示   |  コメント 1

ありがとうございました!!! [レポート]

皆さん、大変ごぶさたしております。
「ごぶさた」がすでにきまり文句になっている
スタッフ"X"です!
こんばんは!

ベローズラヴァーズナイト、
横浜・名古屋・神戸と大盛況でした!
イベントを無事に終えられたのも、
沢山の方々のご協力あってこそです!
本当にありがとうございました!!

今日は横浜公演のレポートです。
はじめに言っておきます。
何回かに分けてレポートします。(長くなりそうなので)

横浜の会場は、赤レンガ倉庫。


IMG_0020.JPG


準備のため、イベント前日から会場に入っていました。
が、この日の天気は暴風雨。。。

準備よりも何よりも、翌日の天気が心配で心配で
仕方ありませんでした。

IMG_0013.JPG

しかも、ここだけの話、cobaさんは雨男なんです……。
(なぜかcobaさんのライブの日は雨が降ることが多いんです)
そんな不安もよそに、願いが届いたのか、
当日の快晴には大喜びでした!
私の日ごろの行いがものをいったのでしょう♪
ではなく、雨が降るとお客さん大変ですしね。
当日も早朝からRH、準備、と順調に進んでいきました。
あっという間に開場を迎える時間に。。。
そして緊張の瞬間、いよいよライブスタートです。

<つづく>……
2008-04-28 22:21 この記事だけ表示   |  コメント 1
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。